中学受験のメリット、デメリットって何?

どうも!中学受験ブロガーのらこです!

今回は小学6年生のころの平均サピ偏差(そんな言い訳でもない)、偏差値69の学校に通っている自分が
中学受験のメリット、そしてデメリットについて話していきたいと思います!!

まず最初にメリットのほうから。

中学受験をするメリット

中高一貫校ならではの特殊なカリキュラム

中学受験をした場合のほとんどが中高一貫であり、高校受験をする必要がなくなります。
高校受験がなくなるので、6年間かけて色々なことが学べます
しかも!高校受験のための勉強というものをする必要がなくなるので、部活や趣味に打ち込むことができます

周りの友達のレベルが高い

本当に周りの友達の行動力、計算力や思考力などに驚かされます。
模試で全国一桁の人もいる。
中1なのに部活を新しく作ろうとしてる人がいる。
意見を校長先生に直談判しに行く人がいる。

毎日いい刺激が受けられて、本当にいいです

学習面、生活面の対応の凄さ

学校に入ってくれた生徒を、どう扱うかが私立中学の問題です。

もちろん、公立の先生たちも精一杯頑張ってますが、私立はお金を払ってもらっているため公立の中学に比べ、とても手厚く生徒に接してくれます
学習面では、塾に通う必要がないほど、フォローしてくれる学校もあります。なので、学習面はもちろん、生活面などでも気配りや心配をしてくれていて期待できます。

小学校の間の勉強が楽

小学校の宿題、授業中のことがめちゃくちゃ簡単になります。

塾で4年生でやったのを6年生で習ったりするので笑
なので、テスト勉強とかやらなくていいです。
テスト勉強とかはしたことがなかったです、成績は全部一番上の大変良いでした。

らこ
中学受験は大変ですが、学校生活はすごく楽しいです!!

中学受験のデメリット

とてもお金がかかる

塾代がハンパないです。
春期講習、夏期講習、GW講習、夏の合宿、冬期講習、正月特訓、教材費、通常授業料、本っっっ当にお金が物凄くかかります

塾によっては値段が変わってきますが、4年生から受験まで塾に通ったなら大体200万くらいです。とんでもない大金です!

大手の塾、SAPIXなどでは、6年生の一年間だけで150万くらいです。
なのである程度余裕のある家、経済力のある家庭じゃないと厳しい時もあるかもしれませんね。

習い事、遊ぶことができなくなる

僕はサッカー、ピアノ、そろばん、テニスをしてました。一番最後までやってたのはそろばんで、6年生の6月です。

6月には全部習い事やめて、塾だけの毎日が始まりました
両立は出来なくはないと思いますが、僕の友達では最低でも10月にはやめてましたね。

また、友達とはもちろん遊べなくなります
僕の学校はそもそも中学受験をする人が少ないので、尚更きつかったです。

塾の行きの時には公園で遊んでたり、学校に行ったらゲームの話をしてたり。
あの自由な小学生の放課後の時間が、勉強に奪われてしまうのは、デメリットだと思います。

親の負担が大きい

正直、本当に大変です
子どものプリントの整理。子供が勉強しない。隠れてゲームをしている。

僕も受験生だったときは思ってませんでしたが、今思うと親って大変なんだなって改めて思います。
中々子どもが言うことを聞かなかったり、塾でちゃんと授業を聞いているのか気になったり、成績が伸び悩んだり。

親の負担は大きいと思います。

燃え尽き症候群になる可能性がある。

受験のストレス、受験を終えた事の解放感、吹っ切れた感じで、一気にゲームをしまくったり、いきなり勉強をしなくなります。
中学受験で燃え尽きて、そのあとだらけてしまうってことです。

塾にも行かなくて、強制的に勉強をさせられなくなったため成績が一気に落ちてしまうことがあります。

中学受験がゴールでなく、中学校入学がスタート地点にやっと立てたってことなんです。

まとめ

中学受験をするという事は、メリットもありますしデメリットもあります。

僕自身は中学受験をすることによって、周りの友達のすごさからネットビジネスを始めることができましたし、人生がとても豊かになると思います。

らこ
中学受験はつらいですが、その学校生活はとんでもなく楽しいです!!!

親子ともに大変だとは思いますが、参考になれば幸いです!

僕と個人で聞きたいことがあれば、僕の公式アカウントを追加して一言言ってくれれば、返します!僕の公式アカウント→らこ@中学受験応援

 

最新情報をチェックしよう!

中学受験の最新記事8件

>13歳ブロガーの運営サイト

13歳ブロガーの運営サイト

未来のトップブロガーになるらこの最高のサイトにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

13歳のこれからの快進撃のストーリーを応援してください!

CTR IMG